数独の問題

数独(SUDOKU)の「数独 単消し問題」とは?

数独・単消し問題数独(SUDOKU)の「数独 単消し問題」について考えてみようと思いますが、ある説によると「数独 単消し問題」とは、脳が持つ記憶保持力を短期間で鍛え、なおかつ集中力を養うために考えられた今までにない数独(SUDOKU)の問題のようです。


今まで親しまれてきた数独(SUDOKU)の問題は、空欄のマスに数字を記入してすべて記入すれば完成ですが、この新しい数独(SUDOKU)の単消し問題は、数字を記入しないで問題を解くという主旨があるようです。


数独・単消し問題しかしながら、数独(SUDOKU)の天才・達人などと呼ばれている人でも、9マス×9マス全ての数字を記入する事無く完成させる事は無理!ですから、数独(SUDOKU)の「数独 単消し問題」では、1つの数字だけを記入してしまうパズルのようです。


しかも、メモ帳などを使うこと無く、頭の中だけで考えながら進めていく数独(SUDOKU)のようですので、脳の記憶保持力・集中力を養う事に有効なようです。通常の数独(SUDOKU)パズルでは、わかった数字をマスに記入していきながらその記入した数字も参考に進めていき、最後には全てのマスを埋め尽くしますが、数独(SUDOKU)の「数独 単消し問題」では、自分の頭の中でマスを思い描き、そのマスに記入しながら進めます。

その決められた数字が頭の中のマスに9つすべて揃えば、数独(SUDOKU)の「数独 単消し問題」は完成です。