数独の解き方

数独(SUDOKU)の基本的な解き方

数独・解き方数独(SUDOKU)の1番基本的な解き方としてはじめに考える事は、消去法での解き方が考えられるようですので、数独(SUDOKU)の基本的な解き方としては、まず初めに1つの数字に注目することからはじめるようです。

どこか1つのマス目の数字が決まると、同じ行・列・ブロックにはその数字は入らないということですので、数独(SUDOKU)の基本的な解き方として、初めから記入されている数字に注目し、そこから消去法で解いていくというのが一般的なようです。

また、数独(SUDOKU)の解き方としては、1つのマス目には1つの数字しか入らないということを考慮します。ですから、入る数字が確定しているマス目に関係する行・列・ブロックからその数字が入る可能性を消すことにより、新たに確定したマス目の数字がある行・列・ブロックにはもうその数字が入ることはありません。

数独(SUDOKU)の基本的な解き方としては上記の作業を繰り返し行い、例えば「1」が入るマス目を全て見つけることができます。上記のように1つの数字に注目し、その注目した数字が入らないマス目を決定していき、行・列・ブロックで残った1つのメス目には、その注目した数字を入れるという解き方は、数独(SUDOKU)の基本的な解き方の1つのようです。

このように、数独(SUDOKU)の解き方の基本は、1つの数字に注目しつつ、周りの行・列・ブロックにも注目し、数と数の位置関係を推測していくことからはじまるようです。