数独(SUDOKU)のルールについて

数独・ルールここでは、数独(SUDOKU)のルールについてご案内していますが、近年何かと話題に上るようになった数独(SUDOKU)です。

その数独(SUDOKU)のルールはいたって簡単!

縦・横9つずつのマス目の中に縦・横3つずつのブロックがあり、それぞれ1~9の数字が1つずつ入りますが、その際のルールとして、縦・横それぞれの列と行と3マスずつのブロック内には、同じ数字は入らないことになっています。

数独(SUDOKU)のルールは上記の示した通り非常に簡単なものですが、そのルールに従って数独(SUDOKU)を解こうとすると、想像以上に難しいことが多々あるようです。

なお、数独(SUDOKU)のパズルには初めからいくつかの数字が記載されていますが、その数字の数・位置により初級~上級、超難解問題とレベルが変わってくるようです。

また、最近は数独(SUDOKU)の新しいルールとして、特別に条件を追加したルールも登場しているようです。その数独(SUDOKU)の新しいルールの代表的なものには、縦・横9つと3×3のブロックの数字を揃えることのほかに、対角線の数字も揃えるというルールがあります。その際の数独(SUDOKU)のパズルには、対角線を強調するために点線が記入されていることも多いようです。