数独・問題作成のコツ

数独(SUDOKU)の問題を作成する時の「コツ」とは?

数独作成のコツルールは非常に単純な数独(SUDOKU)ですが、その数独(SUDOKU)の問題を作成する「コツ」の説明となると、誰しも難しいと考えるのではないでしょうか?


しかしながら、数独(SUDOKU)の問題を作成する時にも「コツ」あるいは「要点」なるものが存在するようですので、数独(SUDOKU)の問題作成時の「コツ」として、簡単にご案内します。


今現在は、数独(SUDOKU)の問題作成・解答法などもコンピューターのプログラムにより簡単に作成できるようですが、その際も同じですが、数独(SUDOKU)の問題作成の「コツ」は、比較的初級向きの低いレベルの数独(SUDOKU)問題作成時の「コツ」ですが、9×9で81のマスの中に、常に空欄のどこかに数字1つを入れることができ、そのことを繰り返すことによりすべてのマスが埋まるという問題作成の「コツ」です。


次にご案内する数独(SUDOKU)の問題作成の「コツ」ですが、ここで「コツ」になるのは仮設定という手法を用いる数独(SUDOKU)の問題で、完全に決定することができないマスが1つ存在し、仮定の数字を当てはめて解いていくという問題作成の「コツ」です。


最後にご案内する数独(SUDOKU)問題の作成のための「コツ」は、上記の仮設定という点では同じですが、仮定となる数字については、2つ存在するということを「コツ」とする数独(SUDOKU)の問題作成方法もあるようです。