頭の体操に数独

頭の体操に数独はいかが?

数独とコンピュータプログラム今現在、頭の体操のためなどに「数独(SUDOKU)」が世界規模で行われているようですが、その頭の体操のための「数独(SUDOKU)」に関するゲーム・パズルゲーム本も数多く出回っているようです。


数独(SUDOKU)」自体のルールは至ってシンプルで、縦・横9個ずつの空欄に1から9までの数字を重複せずに並べていくというものです。しかしながら、その簡単なルールの「数独(SUDOKU)」ですが、各数字を並べる際には、想像以上に頭を回転させることになり、「数独(SUDOKU)」がはじめての方などは特に、充分な頭の体操が可能になるようです。


インターネット上などに流通している「数独(SUDOKU)」の問題は、頭の体操のためなどとして多種・多様な種類が存在するようですが、その流通する「数独(SUDOKU)」の中にも、小学生低学年でも解けるような簡単なものから、難しい「数独(SUDOKU)」問題になると、大人でも充分な頭の体操になる、2時間以上かかるような超難解な問題まであります。


このように「数独(SUDOKU)」には様々なレベルの問題があるようですが、「数独(SUDOKU)」は別名「ナンバープレイス」・「ナンプレ」ともよばれ、「数独(SUDOKU)」の専門誌も、週刊・月刊などの本として、書店などで販売されています。

皆さんも固くなった頭の体操のために、この「数独(SUDOKU)」に1度挑戦してみてはいかがでしょうか?