数独・初級テクニック

数独(SUDOKU)の初級テクニックについて

数独の初級テクニック今現在、日本でもたくさんのファンを持つ「数独(SUDOKU)」ですが、ここではその「数独(SUDOKU)」の初級テクニックについてお話しますが、「数独(SUDOKU)」の初級テクニックは、基本中の基本として「数独(SUDOKU)」表の縦・横のラインに注意することからはじまるようです。

数独(SUDOKU)」の初級テクニックをお話しする時はまず、やはり「数独(SUDOKU)」のルールについておさらいする必要があるようです。

その「数独(SUDOKU)」の初級編のルールとしては、空欄に1から9までの単数字を入れることと、縦・横のライン及び3×3の太線内のブロックには、同じ数字は入らないということからはじめるようです。このことから、「数独(SUDOKU)」の初級テクニックとして、「数独(SUDOKU)」表内の縦・横の各ライン上に同じ数字は入らないこと、同じように、「数独(SUDOKU)」表内の3×3ブロック内にも、同じ数字は入れないことが初級テクニックになるようです。

上記の初級テクニックが、「数独(SUDOKU)」を解くための第1歩になるようですが、新聞・クイズパズル誌などの簡単な初級編の「数独(SUDOKU)」でしたら、この初級テクニックで解けてしまうことが多いようです。

このように、「数独(SUDOKU)」の初級テクニックを考える時は、1つの数字に注目し、その数字に関わる縦・横のラインを考え、空欄を埋めていき、わからない空欄は飛ばして進み、ある程度空欄が埋まると初めから順番に縦・横のラインをたしかめることが、「数独(SUDOKU)」の初級テクニックといわれているようです。